近代造船発祥の地 国旗日の丸のふるさと 鹿児島県垂水市

幕末、西欧列強が東アジアに進出してきた時代に、島津家28代当主島津斉彬は「海から来る敵は海で防ぐべき」と考え、溶岩で埋没する以前の「大隅半島と桜島の間の海峡」の造船所で洋式帆船を建造しました。斉彬は、嘉永6年(1853) 桜島の瀬戸に造船所を設けて大型船の建造に着手、安政元年(1854)12月に竣工し「昇平丸」と命名しました。更に15隻の建造を計画して、その中の鳳瑞丸・万年丸が牛根で、大元丸・承天丸が桜島の有村で建造され、「大隅半島と桜島の間の海峡」では次々に洋式帆船が竣工されたのです。薩摩藩をはじめ日本各地で洋式帆船が建造されるようになって、日本の船の印が必要となり、そこで、斉彬が提案したのが「白地に朱丸一つ」の日の丸です。これが幕府に受け入れられ、日本の総船印となり、後に国旗になりました。そして、はじめて日本を示す旗として、日の丸が「大隅半島と桜島の間の海峡」で造られた昇平丸に掲げられたといいます。現在の垂水市牛根麓の造船所跡地は、ビワ畑になっており、近くには名残の山下造船所があります。釘や鉄片を造った牛根麓の鍛冶場の跡からは、今も多数の鉄くずが出るといいます。
まさに「大隅半島と桜島の間の海峡」のあったこの地は日本における近代造船発祥の地であり、国旗「日の丸」のふるさとなのです。

- 国旗日の丸発祥の碑 建立期成会

昇平丸図

昇平丸図
By 福井県立図書館蔵

嘉永6(1853)5月、桜島瀬戸村造船所で建造に着手され、安政元年(1854)12月完成し翌年幕府に献上されて「昌平丸」と改名した。全長17間(約31m)、推定排水量370t、砲16門を搭載していた。

瀬戸村造船所図

瀬戸村造船所図
By 武雄市図書館蔵

桜島の瀬戸村(現鹿児島市黒神町)にあった造船所。画面上部が桜島、下部が大隅半島で、大正3年(1914)の桜島大爆発の際、造船所一帯は溶岩に埋まり陸続きになった。描かれている船は承天丸で、嵐で損傷したマストを修理しているところである。


最新記事

DSC_1111_800

2012年11月15日

『昇平丸』現る!!
20121010-001

2012年10月12日

起工式の記事(追加)
IMG_1510

2012年10月8日

起工式を行いました