造船所跡

島津斉彬公が、(1854~1858年)西洋式の軍艦を建造した造船所跡地(垂水市牛根麓脇田の海岸)は、現在ビワ畑になっており、近くには名残の山下造船所があります。 大正3年(1914)の桜島大爆発の溶岩で埋没以前の「大隅半島と桜島の間の海峡」付近一帯では、名君といわれた斉彬が、徳川幕府の眼をぬすんで対岸の桜島の瀬戸部落と共に西洋式の軍艦を建造した処です。当時、周囲は高く莚を張り、領民の眼を隠し、交通を禁じると共に他言も禁じたといいます。 斉彬は、嘉永6年(1853) 桜島の瀬戸に造船所を設けて大型船の建造に着手、安政元年(1854)12月に竣工し「昇平丸」と命名されました。更に15隻の建造を計画して、その中の2隻を同年(1854)7月に牛根で着工しました。翌安政2年(1855)11月に竣成し、鳳瑞丸・万年丸と命名されて薩摩の御用船となり、薩摩の海軍が組織されるとそれに編入し、艦尾には日の丸の船印を掲げました。これが後の日本国旗のもととなったものです。 釘や鉄片を造った牛根麓の鍛冶場の跡からは、今も多数の鉄くずが出るといいます。まさに「大隅半島と桜島の間の海峡」のあったこの地は日本における近代造船発祥の地であり、国旗「日の丸」のふるさとなのです。
参考 : 垂水市松ケ崎の歴史

垂水市造船所後

造船所のあった現在の牛根麓付近

(牛根埋没鳥居展望公園より撮影)左側の山麓に牛根の造船所跡地があり、桜島溶岩の一角が桜島瀬戸村のあったところです。
大正溶岩により島津斉彬時代の造船所跡も埋没しました。

陸続きになる前の桜島と大隅半島との海峡

陸続きになる前の桜島と大隅半島との海峡

大正3年(1914年)の桜島大噴火前の桜島と大隅半島との海峡です。この大噴火により海峡は陸続きとなり、桜島側にあった造船所は溶岩の下に埋もれてしまいました。


最新記事

DSC_1111_800

2012年11月15日

『昇平丸』現る!!
20121010-001

2012年10月12日

起工式の記事(追加)
IMG_1510

2012年10月8日

起工式を行いました